1970年代に三菱ギャランGTO追撃の命を受け登場したスペシャリティーカーセリカ。
セリカはリフトバックと言う変形追加車種で市民権を完全に得た。
そう、当初のスペシャリティーカーのデザインでは、絶好調でカッコよかった三菱ギャランGTOに見劣りしていたのだ。そこで、単なるGTO風のリア傾斜だけではなく、上級モデルであった日産フェアレディーZのようにハッチゲートとし、長いスキーなどの荷物をも搭載可能とした3ドアクーペとなった。
そして、トヨタ2000GTやコロG、マーク僑任覆匹覇段未淵┘鵐献鵝瓧庁錬硲辰魴兢気掘∪此坑隠僑娃娃磽磴任盻淑だった出力も2000ccDOHCとソレックスツインキャブを搭載し、当時のトヨタ様最強のエンジンとして君臨していた。
それから、モデルチェンジする度に、より洗練され、DOHCターボあり、フルタイムAWDありと進んで行った。
一方ダブルエックスが登場した段階で派生モデルリフトバックと同様に、標準セリカに対して輸出を目的として上位モデルが登場、しかしXXではポルノ表記と重なる為、止むなくスープラと改名され、北米で絶賛されたモデルとなった。そして、日本でもXXからスープラとなり、70モデル、80モデルと日本のバブル期に頂点を極めた。
しかし、歴史は繰り返され、スープラにはAWDモデルはなく、かつツインターボではあるが古めかしい直6エンジンなど、他社がV6ツインやAWDがあり、それに伴ってワイドアンドローなデザインかつ走りでは残念な状況で80スープラ終焉となった。
それから16年やっと、ついに次期スープラがBMWの手によって生まれ変わって出て来る。
FRでも素晴らしい走りを実現し2000cc4気筒ターボと3000cc6気筒ターボとまさに、セリカが復活するのだ。
スープラ名よりも、日本人、特に昭和30年〜の大人なら、セリカの方が聞こえがいい。
Z5と完全に兄弟となるスープラ、欧州ドイツのDNAを注入した日本車となる。
走りがいいのはもう折り紙つきであろう。
そしてだれもが、ああこれはトヨタ車だ。とハッキリわかるデザインになるらしい。
ん〜。少子高齢化と若者実質低所得化が進む日本では、勝ち組企業に入社出来たお坊ちゃんやお嬢ちゃんだけが乗れる車なのだろう。
さすがにいくら車好きでも、常に攻め込む走りを強いられる車は遠慮する。
レンタカーでは一度は乗ってみたい気はあるが、、、。