ハッキリ言って、箱スカ=暴走族ご用達車。
現在60代前半の爺さんが、当時暴走しまくっていた昭和暴走車両の代名詞。
日本以外では、スカイライン等と言う名称は誰も知らない。
何故なら、まともに海外輸出などしていない車両である。
実際GT−Rなど、スカイライン名を付けた状態での輸出は行っていない。
現行のGT−Rは日産GT−Rとして出している。
プレステで初めて他国でその存在を知った外国人が多いと聞く。
それは、ボディー剛性をはじめ、日本独自仕様でしかなく海外ではNGとなる車両だったからだ。
さらにインフィニティーモデルである国内スカイラインは、その名称に異常なほど執着し日本だけそのように呼んでいる。本来ならば、インフィニティーマーク付けた日産スカイラインですと主張する意味がわからない。
そんな中、還暦?60年経ちましたと展示会らしきものを開催しているらしい。
全く興味がないのだが、スカイラインと言う名称で反応する年齢は、車両購入見込みユーザーからかなり外れた世代ではないだろうか?
中国市場で結構な売り上げ伸びを出している半面、日本ではその拘り故、売れないと言うことに気が付いていないと思う。次のモデルもスカイラインと命名するのか?大いに疑問である。