西田典幸の名前がはっきり国産デザインであることがわかるトミーカイラZZ
日本だってカスタムな自動車を生産するメーカーが存在すると言うことだ。
そのトミーカイラZZがEV車として復活する。
一億円の出資者は日本の代表する大企業を作り上げた元SONY出井氏、ニチコン、元グリコ会長の江崎氏など日本としては珍しい有名企業家だった方々が投資している。
京都大学内のグリーンベンチャーが事業として挑むEVスポーツカー。
まさに、エンジンは数百億と言う投資が必要なデバイスであるが、EVとなると汎用市販品で構成可能だ。
だから巨大企業はEVの開発と市販しないまでも特許の縛りに必死だ。
多少とも市販し、その問題点を新たに生み、そしてまた研究開発して新たな特許やノウハウを吸収する。
それは、うど筍のように、自動車メーカーが出てこないように蓋をする意味もあるだろう。
電気自動車に関する技術は、現在までの自動車技術とはまた違った部分がある。
モーターを駆動制御するパワーエレクトロニクス分野と充放電するパワーエレクトロニクス分野だ。
非常に近い技術ではあるが、電気・電子屋と電池蓄電系と違った企業である。
そして、高電圧と高効率、さらには信頼性という要素があり、非常に難しい。
デジタル回路だけでは済まない分野であり、長年の感も必要とする。
それだけまだ科学仕切っていない分野でもある。
トランジスターもバイポーラー型からユニポーラー型へ次第にシフトしつつあり、コンピューターの最速化技術の恩恵もあり、ここ数年で目覚ましい進歩をあげている。
京都大学という日本でもトップクラスの国立大学に、創業の神様である方々の支援と純日本製である、トミーカイラと役者がそろった感じである。
米国テスラモーターと手を組んだどこぞの大企業と違い、純日本を強く感じるプロジェクトだ。
ニチコンなどはEDLCのデバイスメーカーで、マツダやホンダなどと手を組み、HVや既存内燃機型車両でもエネルギー回収するシステムなどを行っている。
後は、モーターのプロが参加してほしいと思う。三菱が関連会社である新明和製のモーターを共同開発しI−MIVEに搭載しているように、単なる交流同期型やインフォイール型DCモーターを使うという方法ではない。
ベンチャーだから斬新なモーターを期待したい。
ガライヤなども同様に軽量なピュアスポーツカーであったように、この復活ZZも儲かるという視点や呪縛から外れた所で、世の中をあっと言わせるEVに仕上げてほしい。
我ここにありを感じるスポーツカーなのだから