軽自動車「アイ・ミーブ」の生産を、18年に停止する?
意味不明な表現だ。
停止ではなく、新型投入と表現しない。
そしてわざわざ販売中車種をもう作らず?といちいち表現するだろうか?
「新しい軽のEVに置き換える」とも言う。
この人本当に三菱自の責任者なのだろうか?
感じるのは、i-mive=ミッドシップ軽ではなく、単なる軽EVを出すつもりに聞こえる。
はっきり言ってつまらないFFベースなのだろう。
空間最大かつシティーコミュニティーとして優秀な現行車のフルモデルチェンジではなく、別車両形状を投入するからこんな表現だと予想出来る。
また、三菱自らしさが削がれる訳だ。
エンジン車は2006年から登場し、もう11年も経過しており、中古価格も低下したモデルのEV車は、当然見劣りする。機構やコンセプトが古いのではなく、手直しを真面目に進めなかっただけの話。
何か?すでに退場した三菱自技術陣に対する排除の心がどこかにあるように思える。
まぁ軽の新型EVを出して、軽の枠を超えた空間ある現行ミッドシップ車を越えられる製品ができるのか?疑問あるが、どのようなモデルが出て来るのか?見ものである。