toyota-fun-concept-sedan-shanghai17-12toyota-fun-concept-sedan-shanghai17-3
レクサスGSが現モデルで廃盤となる噂があるが、まさに、LSとISがあれば価格も車格も中途半端なモデルは要らない?それよりもグローバルで売れまくっているカムリとの兄弟車であるESを全面に出した方が確かにいい。
コストパフォーマンスがいいのだ。
メカニズム的にストラット?サスは気になるが、RXとも共用したプラットフォームでその完成度からも、ボディーサイズからもGSを必要としない。ウインダム以降日本市場にはESは来ていないが今後、マークXも消え、ESやカムリなどが中心となるに違いない。
新エンジンは2500cc4気筒でかなりの高熱効率を実現、出力も素晴らしい性能からもそれらを搭載した次期カムリと思われるデザインプロトのようだ。
ホイルベースも写真からは想像でしかないが2850mmを越え2900mmくらいではないか?
中国人はロングホイルベースを好む。何故なら乗り心地は日本人よりも重視する傾向だ。
さらに高速道路はどこまでも真っすぐ直線が続き、アップダウンなど、上海都市高速で登り下り程度しか存在しない。さらにはコーナーリング等全く重視していないので、小回り云々など眼中にないのだ。
全長も4700mm以上でありそうだ。
広い中国の道路では、5mあろうが苦にならない。それよりも立派に見える方が重要。
このデザインプロトは明らかに中国人好みを意識したデザインであり、主軸は北米から中国市場をかなり意識しているんだと感じる。
特に感じるのはデザインモデルといいながらも、市販でもホイルサイズは20インチだと想像する。
それが違和感なく収まっているので、このモデルは写真以上に大柄なのだろう。
その為か室内がかなり広いのでは?と感じる。リアからトランク部分なども非常に纏まっており後部座席もかなり余裕が感じられる。
そして、LFAやLC500に見られる後方部分から空気取り入れ背面から出る?そんなデザイン部分もあり、これはハイブリッドで後部座席下辺りの電池を冷やす?効果があるのだろうか?
折り紙?タケノコの皮?のようなデザインがプリウスPHV等で見られるが単なるデザインだけだとは思えない。
それにしてもリア斜めから見るデザインは、素晴らしい完成度である。美しい。
トヨタ様も本気モードなデザインがここ数年続く。
特にグローバルカーならなおさら手を抜けないのだろう。
市販版がどの程度まで再現できるのか?あのLC500のように、まんまで出る可能性すらある。
ん〜。中身も外観もこりゃヒット作となりそうだ。