EUのダウンサイジング化が進む中、ターボ、スーパーチャージャー付きエンジンで可変排気量化が進む。
それに同調する為、トヨタも自社内製のターボ製造を復活するようだ。
1400cc〜1600ccクラスにターボを搭載し、2500cc、3000ccクラスの車両に搭載。
しかもハイブリッドとの併用まで視野にいれているようだ。
しかしだ。
マツダ、三菱、日産と海外、EUなどでは次世代ディーゼルエンジンを展開。
トヨタも一部搭載してはいるが、本気なエンジンじゃない。
そこでBMWのディーゼルエンジンをOEM供給。EU向けでは、現地生産での販売。
自動車メーカーはエンジンが作れるからメーカーであり、シャシーやその他はそれほど重要じゃない。
その魂とも言えるエンジンをOEMで供給を受けるとは?
ターボこそ、エンジンとは別な補記類。
専門メーカーからのOEMの方が設備費・開発費が浮くはずだ。
どちらがこの先のアドバンテージを左右する物であるか?その判断をみやまっていないのだろうか?
ディーゼルエンジンもガソリンエンジンもエンジンである限り共有できる技術があるはずだ。
ターボはEUですら三菱重工から購入しているほど、おいそれと開発・その性能を上げることは難しいだろう。
ならば、ディーゼルエンジンを内製、ターボをOEMが正しい判断じゃないのだろうか?
今後、高性能ディーゼルエンジンとHVとの組み合わせが、トータル燃費や燃料コスト面からも有利。
さらには、ディーゼルエンジンでのダウンサイジング排気量でも、低速時のトルクでターボエンジンの方が有利だ。
電池内製せず、ディーゼルエンジンも内製しないこれじゃね。
コスト重視なトヨタ戦略として後で後悔しないのだろうか?