欧州カローラこと国内オーリス。
最大3500ccものV6エンジンを載せた兄弟車もあったが、オーリスは国内カローラとの共用。1500ccと1800ccだ。まずデザインが、ノートに酷似だ。こりゃどーする?
中身は、サラリーマン企画者や技術者できっちりセオリー通り、トヨタ車2代目は改良フルモデル。
エンジンの大幅改良も行っているが基本は先代。
不評だった顔つきをガラリと変え、俗にいう若者うけを狙ったデザインのようだ。
まぁスッキリしている。しかし、色気がない。
清楚で美人なんだけど。ゾックっと来ない。
一応トーションビーム批判が多いのか?同一シャシーでも、儲けがでるトーションととりあえず形式はダブルウィっシュボーンで接地性を挙げたモデルもあるらしい。そしてわざわざマニュアルモデルだ。
多分、味付けもベタな固めのゴツゴツとした突っ張った足なのだろう。
何かもうこの手のTV水戸黄門の8:35頃に印籠が出てくるような商品企画は辞めた方がいい。
実際の車に試乗はしていないから断言はできないが、想像出来てしまう。
確かに、信頼あるメーカーであり、故障も無く、安全なのだろう。
そして、RとかSとかGTとか付けてそのモデルのスポーツ型として出す。
マツダCX−5のようなゾクってくる、もしくはわくわくするような魅力を出せないものだろうか?
トヨタはかつて、遊びがいくつかあった。たとえばセラ。1500ccのターセル&コルサをベースにガルウィングモデル。良いか悪いか?もちろん売れなかった。しかし、車好きに語り継がれるほど強烈な個性じゃないだろうか?
1年もせずに、履き替える靴じゃないのだから、昔こんな車に乗っていたと語れる車。
そんな車を企画し、挑んでみないのだろうか?カローラは奇抜な変化は難しいだろう。
しかし、国内でオーリスなら、許せる予算の中でEUで売ってます。だからこんなに出来がいいんですと言わせる物が欲しい所だ。
スズキのスプラッシュなど、国内で販売しているが、完全にEUで生える車だ。デザインが素晴らしい。そしてコンポーネントは基本スイフトだが、あのデザインクオリティーは日本車離れしている。
EUでは、アウディーA1やらBMW1など小型コンパクトクラスに力が入っている。
そこに、このオーリスベースでEUカローラとして出そうと言うのなら、目の肥えたヨーロッパ人は否定するのではないだろうか?直噴でも、HVでも何にも芸がない。この車の売りは?カローラの3ドアハッチです。だけではだめだ。そして安いから売れる?それも違う。絶対単価が低いだけで、CX−5のような割安感が全く感じられない。
トヨタもこのオーリスは北米へ出すのかトヨタマークではなくS(サイオン)が付いている。
全体のまとまりはさすがであるが、何か物足りないと思う。レンタカーなら借りてもいいが、大枚はたいて購入する意味が不明だ