いやぁ〜何でもアリですね。
プリンス技術者の香りがするプリメーラやらノート、そしてジューク。
やはり、チェリーからFF車を出していた日産プリンス系のジューク。
ランエボ並みのAYCと直噴ターボで190PSでは収まらず、レビン&トレノ以来の小型車に大排気量&大パワーなジュークR
GT-Rコンポーネントを移植し、話題となった試験車がワンオフで市販すると言う。
こりゃニュースですね。
今時、GT-Rです。胃下垂になるような、大柄な、自称スパーカーを乗ると、ちょっと痛い。
ところがコンパクトカーに多少ド派手な外装(これもちょっと痛い)に、スーパーユニット内臓。
これこそ、トヨタカローラにセリカエンジンを勝手に移植したトヨタ技術者がいたように、ランサーに3500cc並みのパワーと4WD。上級ギャランのエンジンを移植したランサーエボリューション。
ジュークR、(Rと言うのが日本風でちょっと痛い、でも日産が大好きなGTよりはまし)
1000万円じゃ済まないんでしょうね。
トヨタの痛いIQを某メーカーOEMした際ただでさえ車格に合わない170万の1000ccを500万で販売するよりは、その高額な値段も納得するというもの。
できるだけ外装はノーマル然とした形状を望みます。
じゃなきゃフェラーリやらポルシェを煽る時、そのがっかりした顔が見れないじゃないですか!
こんな不格好なSUVもどきのコンパクトカーで、2000万、3000万円を叩いて買った直線番長なスーパーカーをブッチギル!ジュークR。それを見てみたいね。