三菱再生は、他メーカーが嫉妬するほどの強烈な新型車が必要だ。
特に、ホンダが現状維持している中心的事業は、バイクとフィット群だ。これに真っ向から挑むべきだ。
RV王国である三菱がコルトで失敗だったのは変形車種を投入しなかったからだ。
唯一その存在感を示したのはコルトプラス。正直バランスが悪い感じなくるまであるが、都市部での使いやすさは中々いい。せっかくの2500mmホイルベースを生かせるプラス部分でトランクも余裕、後部座席も余裕だ。
しかし、ここで辞めてしまった。このプラットフォームで、RV・SUVを何故作らなかったのか?
パジェロIOも悪くは無かった。とんだリコール攻撃で撃沈しただけで、しかも高速を走らないSUVにGDIは失敗だ。
そして、コストパホーマンスを上げたミラージュ登場。あの最悪な時期でもけっこう売れたコルトを捨て、何故ミラージュなのか?三菱商事系経営が何か感違いしているとしか思えない。
三菱FANはコルトの出来に満足していたのだ。ヨーロッパ車を感じるデザインと飽きがこないバランス。
少々ノイジーな点はマイナスであるが、それでもEUでまだ販売可能なだけ他社に負けていない。アイドリングストップとファイターグリルでまだまだ行ける。何故ファイターグリルを捨てたのかもわからない。三菱はトヨタ風なデザインでは過去失敗していることを知らないのだろうか?三菱車は三菱車の立ち位置がある。
他社が嫉妬する車でなければならない。かつてギャランGTOはセリカを生みだし、ランサーエボリューションは隼を髣髴するインプレッサSTIを生み、GTOツインターボ+4WDは、その後4代目であるレクサスLSハイブリッドに刺激する。同じでは駄目なのだ。三菱重工は軍事技術レベルの企業であり、機織り機や自転車が元の企業とは違う。その重工技術は兵器レベルの水準とドイツ・メルセデスやBMW、VWなどと同レベルでなければならない。
自動車用としてのサイレントシャフトではなく、4気筒大排気量ディーゼルエンジン用としてのサイレントシャフトであり、世界シュアNO1のターボ製造メーカーだ。
売れて儲かる車を作ろうと思えば思うほど、自動織機メーカーに近づこうとする。無意味だ。
コルトのプラットフォームに超高張力鋼板を多様化し、900kgを切る新型コルトを実現させてほしい物だ。
そしてその派生車は、OEMではなく純正のデリカD2やトヨタ・ハリヤーの小型化した都会派CUV車。それにラリーアート化を施し、2名専用のクーペフォルムなパジェロを脱したクロスオーバー車。ラリーアートは1600ccクラスのクリーンディーゼル車でいい。もう150km/hを超えた走りなどは要らない。
そしてトヨタやホンダががっかりするような新型HV!。インフォイールモーターを4WDとして駆動させ、電池を積まずに指月電機製のEDLC大容量搭載。出力密度が大きく、車重が軽量なサイズで回生率を大幅に上げ(インフォィールの特徴!)再加速時に強烈なモーターアシストを実現させる。E−S4WDとして、E−AYC(特許取得済み?)、E−ASC(特許取得済み?)と、コルトをベースとしたハイブリッドエボリューションを出すべきだ。
コストダウンと回生率を上げるために、可変インダクター機構を用いて回生電圧を高電圧化しながら充電する。
ほぼゼロkm/h近くまで回生する事で燃費を稼げばいい。そして小型ディーゼルエンジン+ターボには、ハイブリッドターボとして、重工が先行開発している排気エネルギーから電力を出力させる機構を用いて、エンジン出力時と同時に作られるタービン発電から電力をモーターに送る。それで排気エネルギー効率分の省燃費化を行えばいい。後は三菱電機が開発しているSICデバイスで小型高出力なインバーターを4輪個別制御で駆動する。
コーナーの立ち上がりは異次元な立ち上がりになるだろう。FFエンジン+インフォイールモーター、後輪インフォイールと言う、電池の使用しないハイブリド。これはホンダもトヨタも度肝を抜かれるだろう。国内メーカーではハイブリッドターボ製造は不可能だ。IHIか日立が可能であろうが、三菱の総合力を兵器開発レベルで行えれば楽勝ではないだろうか?。次世代のエボリューションそれはコルトベースのCUV・ハイブリッドに期待したい。