FT-HS数年前の海外モーターショーで発表されたミドルクラススポーティーカー
この車がFT−86なるモデルで登場!!
世界最大自動車メーカーとなったトヨタが夢と希望がないこの世界に登場させた86再来モデル?
ヤングなる用語が死語とされたように、若者?の車離れ防止と名をうった86
偶然に売れ、偶然に漫画に登場、日本だけのゆがんだドリフト走行推奨マシンの再来で本当にスポーツに憧れるユーザーが芽生えるのだろうか?
開発者達は少なからずとも未来の自動車でスポーツする場合にもハイブリッド車の在り方を研究し具現化したかったはず、リヤカーに匹敵する軽自動車並みのサスに非力なエンジンとモーターで燃費気にしながらそろそろ走る時代にハイブリッドは省エネだけじゃない。エンジンだけではできなかった低速立ち上がりからのパワーを感じるスポーツを!新しいデバイスによる従来考えられなかった走行方法を提案できるチャンスだったのに。
ハイブリッドならでわの走行方法とは従来の立ち上がり重視ラインではなく、コーナーを早く回りながらもモーターパワーを利用する。そんなことが可能な新しい可能性だったはず
このままでは、セカンドハイブリッドメーカーが安価にそれを先に実現してしまう。ハイブリッド大国トヨタの営業部門の目先戦略なのか?
スバルハイブリッド開発をさせるための時間稼ぎなのか?
いずれにしてももうターボでパワー稼ぐ時代じゃなくなって来ている
ランサーエボもコンセプトーRAでハイブリッドスポーツをLFS以下の車重で実現してもらいたい。
FT-86のディメンジョンでは、とてもつまらない車に感じる。唯一200万円を切る価格に期待したい。
あれが150万円台ならば、面白いが、従来の250万円ならば普通の車で終わってしまいそう。
ストラットでもウィッシュボーンでも曙ブレーキでもいいので、お金を掛けるとそりゃ満足するデバイスがあるでしょ。今の時代だからいかに安っぽくなく安価でチャンとスポーツできる車が作れるか?
レンタカーにはぜひ常備させアッピールさせるべきですよ!