三菱自動車がプジョーより資金調達!これは何を意味するのか?アウトランダーをOEMしプジョーの念願であったライトSUVを持つことができた。これはピニンファリーナが三菱の営業をしてくれた結果のような気がする。アウトランダーよりも小型で軽量RVが各社軒並みに発表しそうな気配。
そんな中、日本では昔の名前復活のRVRが来春にも登場しそうだ。1800ccガソリン、ベースはアウトランダーファミリー、最大3000ccのV6から最小はこの1800ccまでのエンジンを搭載可能なFFミドルプラットフォームだ。
良心と思えるのは、リアサスがマルチリンクで登場しそうなところ。
トヨタのトーションビーム互換?の安々プレス鋼板材料で作ったセミトレーリング式ダブルウィッシュボーン?よりははるかにまじめな設計である。
国内と輸出向けでサスを変えてまでコストダウンするメーカー姿勢はヨーロッパでは通用しない。世界一のATをもっておきながら車格に不適切なリジッド式で高級車と自ら呼んでいるトヨタは、スズキ自動車とVWとの連携企業に量までも失う可能性を持っている。
三菱自動車はかつてリコール攻撃により日本ではずいぶんと衰退してしまった。しかし、マツダとも三菱は世界市場でその実力を認められているメーカーである。
英国のパトカーにランエボXが採用になったり、アウトランダーはパリダカのライバルだったシトロエンへもOEMしヨーロッパではある種の地位を確立している。
メルセデスへの様々な設計補助やプラットフォーム共有などその技術力としての信頼性は抜群である。
来春のRVRクオリティーと価格破壊が話題となりそうである。エコ減税効果が切れた頃には、EV+HVの融合した新しいプラグイン機構のRVRも追加販売され、いつの間にか、HVだけでは燃費は稼げないことが知らされるだろう。
20PS程度のエンジン補助方式のHVでも十分に燃費が稼げるのに、本当のHVはリチューム電池搭載しないと効果がないことを隠してる。
松下に拘ったために、他社にPHVを先越されそうだね。