マークXはLS並みの大改造で少なくとも3年位延命化を図った。しかし実質兄弟車であるIS、クラウンなどはフルモデルチェンジがすぐに控えているようだ。
特にISはアルテッサから3代目となるフルモデルチェンジ。
BMW3になりたくて、なりたくて作ったスポーツセダン。
しかし世界ではベンツC、BMW3よりも勝負にならない結果。
レクサスのどのセグメントよりも豊富なラインナップ、オープンクーペあり、最強?V8、5000ccのFあり、3.5も2.5も欧州向けにはディーゼルターボもある。
しかし、ガソリンエンジン主体の体系では、欧州のフルラインディーゼル軍団には車両の出来が良くても地に着いた業績を残す事はできなかった。
ガソリンエンジンでの出来は、直噴化やGR系のエンジンの完成度は高い。けして欧州プレミアムセダンに負けてはいない。しかし、欧州のガソリン乗りはスタンダードグレードよりは、ターボ付きなどハイパワーが主流。
素なガソリンエンジンでは、目玉になっていない。
さぁ3代目ISはどのようなラインナップなのだろうか?予測して見た。
まずステーションワゴンを出すだろう。クーペよりも実用的なワゴンの方が人気は高い。
その点マツダ6は、現行車種よりワゴンを出している。アコードも先代からワゴンが存在する。
何故かレクサスにはステーションワゴンが無い。もったいない話だ。
企画がダメなのか?そもそもカローラ系もしくはプロボックスでしかその形態はトヨタに存在しない。不思議な事だ。



レガシーになりたくてのカルディナも結局は不発。そのトラウマなのだろうか?
いずれにしてもIS3代目はステーションワゴンの初登場だ。
そして、ベース車両=プラットフォームがグローバルセダンのカムリになるようだ。
4輪ストラットとお手軽で安価なサス。ISもクラウンもグローバル・カムリ化するということのようだ。
ハイブリッドシステムを導入するのだろう。
オーバー2000ccで、GSのHVユニットを搭載するのもいいが、4気筒2500ccでハイブリッド化の方がコスト的に有利。V6も健在だろうが、LSは据え置き、GSが主役化、その差を付ける?意味でもISのカムリ化は現状の高級セダン不発市場では当然の流れなのかもしれない。
デザインは現行から例のスピンドルグリル。アウディー手法のワッペン化だ。
もうそろそろ、国内も含めBMWが羨望するようなディーゼルを打ち出す時期じゃないのだろうか?
コンプレックスを解消したホンダのHVのように、トヨタもコモンレールと自社性ツインスクロールターボ付きのディーゼルが必要となって来ている。

仮面ライダーウィザード ウィザードリング 8個入 BOX (食玩)

新品価格
¥3,192から
(2012/9/9 13:43時点)