ハイブリッドラグジュアリースポーツLF−LCに期待が掛る。
1980年代に登場したソアラ。直列6気筒とDOHC、2ドアクーペであるが従来まで類似車両は存在しなかった。当時トヨタを追いかけ真似でしかなかった日産もレパードを出したが、所詮コンセプトの原型から開発された物ではないことからソアラの真似以上の物ではなく、撃沈。
ソアラは2代目で、ツインターボを搭載。キープコンセプトのデザインはさらに洗練され、空力が良いプレスドアサッシとその次に出てくるセルシオに繋がるデザインで大好評だった。
このころのトヨタは輝いていた。サスペンション等は不十分な感じもしたが、以外エンジンもデザインも独創性がありトヨタオンリーなスペシャルティーカーであった。
3代目ソアラは残念な事に迷走する。マジェスタとアリストの2ドア化としか思えない形状とデザインが迷走していた。見事に急落。その後のSCへさらに迷走する。SCは明らかにメルセデス・ベンツのSLを意識し、類似させたが、長い年月とドイツ哲学が生んだSLには足元にも及ばない。単なるLSの2ドア、オープンで広さもなくこれで高級4シーターオープンとはとても思えない。
LF−Aを登場させたレクサスであったが、これも志半ばで迷走気味に感じる。マクラーレンF1・ゴードンマーレーの設計で作られた東レや三菱との共同作業のフルカーボン。当時FSX(次期主力戦闘機)の羽と同様の窯で焼いた炭素繊維。LF−Aにがっかりしたのは、アルミ合金との複合化ボディーだ。現実的な形であるが、今後のレクサス&トヨタの技術見本とは成りえない。エンジンもレースと何ら関係がなく、実践的な匂いがしないスーパーカーだ。
デザインも数回進化していったが、それも迷走感が漂っていた。
その唯一LF−Aからフィードバックしたレクサスらしいデザインを踏襲した量産レクサススポーツがLF−LCだ。
その可能性を感じるのは、やはりフル・スビンドルグリル化とオールハイブリッド化が完成。その代表的・象徴的な車としてLF−LCがある。この車両が販売される事でレクサスのフルラインアップが真に完成するのだろう。
GSやLSのハイブリッド機構をベースとしてフルタイム4WDでスタビリティーを向上、ぜひリア駆動部にAYC(アクティブヨーコントロール)を導入し、高速走破性を上げてほしい。そして、ハイブリッドの心臓部であるPCU(パワーコントロールユニット部)は、日本が誇る高性能SIC-MOSFETを先行導入し、さらなる高電圧化による高速域でのモーターアシスト域を上げ、巡航200km/hでのハイブリッドを実現してもらいたい。
同時にSICの特徴である可聴周波域外での高速スイッチングで、より静粛性を向上させ、220kw(650V)であったモーターを300kw(1000V)へパワーアップ化、電池搭載量を減らし、かわりにEDLC容量を増やし、全開時30秒間はEDLCだけの出力でGT−Rや次期NSXよりもゼロ加速から置き去りにする前代未物の加速を実現してほしい物だ。出力密度が優れているEDLCはTHS-Rですでに実現済み、そしてWECで見せたその高性能は、このLF−LCにTHS3−Rとして搭載してもらいたい。量産プリウスでの原価限界で手抜くことなく、レクサスだからこそ、可能な近未来型ハイブリッドスポーツ。アナログな日本の田舎出のレーサーが機械に操られて、、、うんぬんほざく連中は無視して、日本産業技術の粋をこのLF−LCに集約。EU圏ではこの先10年のアドバンテージを示してもらいたいものだ。