この自動車系話題を自己評価記載しているサイトを初めて過去最高記録!
トヨタのあるべき姿勢について語った内容などは、メーカー関係者なのか?異常なアクセスがありました。
震災とエネルギー問題、さらに原発事故と国家最大の危機である赤字国債発行限界、、、。
どんどん崩壊への道へ突き進もうとしている日本。
東京モーターショウでさえ、外国メーカーは不参加、国内メーカーでさえ、日本専用車など製造販売する気持ちも無く、多分過去最少で目新しいデモンストレーションが期待できない内容に終わりそう。
この国のマーケットは主軸が軽自動車へ移り、1800cc以下しか売れない状況。
面白い噂では、中古車が玉不足。特にコンパクト系などの中古車が昨年より値段が上がっているそうだ。
これも、デフレと将来への不安から自動車に対して期待をせず、道具として利用する傾向だろう。
こんな時は、つまらない自動車を作るメーカーが結構売れる。
この分野は個人的にはトヨタの得意分野!。どう考えても車好きは購入しようと思わない車種が多い。
見てくれと家具屋になった如くの豪華内装やアクセサリーが売りの車がおおいと感じる。
マツダ、三菱、スバルなど、灰汁が強くでも、車好きには自己満足できるサスペンション性能やその形式が光る。
マツダなどアテンザなどではフロントダブルウィッシュボン+リアマルチリンクなど、400万以上のレクサス車から初めて付く(マークXも)形式である。それらが、1500ccのアクセラでさえ、ストラット+マルチリンクを平然と搭載し、明らかに、トーションビーム式のトヨタ、ホンダとは一線を画す。
サスペンションだけではない。1300ccクラスではGDIやGIなど直噴ガソリンを出すメーカーはマツダや三菱で他メーカーなどは、VVTのみの搭載。金が掛るとやらない=収益追求。
販売店の多さや他人が持っているのを見て購入する日本人=主体性や主義があいまいな利権者に支配された方々が乗る。
それももう限界。自動車離れが加速的に始まっているのは、自動車に夢が無いと勘違い。
80年代は、右肩あがりの経済成長と将来や未来に夢と期待があり、自動車にもその気持ちを受けてくれる夢と希望が詰まっていた。そんな時のトヨタシュアは今よりも低かった。他メーカーが次々と夢の様な車を出して来ていた。それは、NSXのオールアルミボディーのピュアスポーツであり、フェラーリ風のスーパーカーデザインにフルタイム4WD+V6ツインターボを搭載したGTOやら、往年のGT−Rを現代の最新技術で作り上げた日産GT−R,レースにしか出てない3ローター+ターボ搭載のコスモ、ポルシェからオファーが来た4WDのスポーツカーでイタルデザイン書き下ろしのスバルSVXなど、今持てる技術をおしみなく具現化した夢のある車の中で、94年に入りやっと他メーカーの排気量にトヨタは中途半端な往年の2000GTを想像するリアデザインに、直6ツインターボ+FRというスープラ。全く夢を感じさせない失敗作品であった。
FT86は、偶然にも漫画で評判になったAE86を現代にというコンセプト、すでにAE86世代は50代の親父しか知らない。今のターゲットユーザーにいちいち説明せねばならないようなクドイコンセプト。
8000rpmまで回ろうが、原油高で無駄なガソリンを使えない現代や近未来に天下の大メーカーが作る車なのだろうか?
ビッツを短縮し、150万もするIQを出して、全く売れない結果も 国内マーケットを十分に理解していない企画人しかいないのだろうか?悪のイメージが漂うbbなどは、予想外の成功例。しかし、車の出来の悪さが目につくパイクカーでしかなく、カッコと風味は味わえるが、車を好きになるものではない。
唯一長年牙城を崩されずにいた小型車で、フィットという1車種で完敗する現状。
何故、つまらない車なのにトップメーカーであるのか?
私の極論、絶対的な総量を減らしているのはトヨタのつまらな車が引き起こし、でも、少なくなっててもそのシュアは確実に伸びると言う循環をしていると感じる。
さぁスバル製をトヨタの販売力で、魅力ある車と市場は認めるだろうか?敵は携帯電話やスマートフォン。さらに契約社員と年収200万円台の若者が、与信を頼りに自動車を購入しおてくれ車好きになってくれるだろうか?
ドリキン土屋等サーキット仲間から直談判された内輪話で作る企画など販売する時点では世界が変わっている。