ミラージュが31日から発売される。
リッターコンパクトカーの中では、まぁまぁのデザイン。
しかし、もうお披露目してしまった次期アウトランダーのデザインは、、、、。プロトからその量産化で随分崩れた。
イボーグ化を期待していたデザイン方向が、なんだかリッターカー並みの角が取れ過ぎたデザイン。
量産化と共に、跡形もない美人顔が化粧しようの無い顔に、、、。
中身が期待できるだけに、このデザインで高額なHVモデルにお金を出そうと思うだろうか?
現行アウトランダーは、イタルデザイン系のデザインに、三菱特有のカッコいいと思うデザインDNAが注入され、三菱らしさが保たれていた。グリル統一化傾向にあった三菱のファイターグリルのマイナーチェンジ版もランエボやRVRに統一され一目で三菱と思える精悍さが表れている。
どーだろう。あのエッジが効いた直線基調、ガンダムテイストと言われながらも、10年は古く感じない三菱デザインだった。このアウトランダーは、正直、ディンゴを思いだす。あのモデルは一体どうしたんだ?と思ったデザインだった。見事に販売台数も少なく、消え去った。折角GDIの1500ccで、リアマルチリンクサスのトールボーイ型にも関わらずあのデザインで失敗だ。テクノロジーをもってしても、、、デザインは車両の販売の半分を担っている。
次の屋台骨になるだろう次期アウトランダー。これは失敗できないはずだ。
アイにしても、どこにも真似できないスタイリッシュな軽。
三菱はトヨタ風な中途半端なデザインでは、大失敗を取り戻せない。
どんなにテクノロジーが先進的であっても、なんとなくトヨタ車、しかも国内向けなデザインでは世界でもソッポを向かれてしまいそうだ。
おとなしい系のデザインで三菱車は成功したためしが過去ない。
これでもか!と言うほどのデザインが三菱のお家芸なはず。
三菱ファンだから皆ユーザーは心配しているのではないだろうか?