CX-5比較

CX-5の実物を見て来た。
正直第一印象は、「大きい」。ドアを開けてシートを見た瞬間「うぅわ品租」。シートに座って「シート位置が悪い」だった。しかも、売りのディーゼルが無く、ガソリンエンジンのみ。
カタログスペックをライバルにらるだろう車種と比較した。
ご覧の通り、同時期にフルチェンしたCR-Vは残念な位比較にならない。
8年も経過した三菱アウトランダーと比較(但し英国向けディーゼル)
ディグアンよりもすぐれている。
黄色い部分は比較車で優れていると思われる所に塗った。
全高のティグアンは一番高い、、、。性能には関係ない。返って低い方がいいのかも。
CX−5が改良されるべき点は、シート関連とAピラー回り。
3角窓を追加してもいいから、フロントウィンドの傾斜をもっと寝かせるべきだった。
シートについては、本革以外、このシートでは長い経年変化で確実にすれて破れるだろう。
購入する人は、アルカンターラ?などのシートカバーをお勧めしたい。
そしてシートポジション位置の設定が旨くない。後ろ座席を気にならない位置まで前へ移動させると、ガラスがかなり迫って来る。そしてシートを低くすると今度はボンネットが見ずらい。
走らせていないのでボディー剛性についは不明であるが、少なくともドアの開閉や座った場合の車両の揺れからはしっかりとした作りだと思うが、横幅も十分ある割に、リアの座席が酷く狭く感じる。
また、グレードが十分に整理されていない。
中途半端な装備グレードだ。
そしてカタログに4WDについて一切触れていない。どんなシステムなのか?そしてオフロード性はどの程度の性能なのか?この点もSUVならばしっかり、そのオフロード走破性を表現するべきだ。