EDLC=電気2重相キャパシター
このデバイスが、日本の自動車を替えたデバイス。
岡村先生が日本での第一人者で、EVやハイブリッドの回生エネルギーを実現したデバイスである。
最近、自動車バッテリーにコンデンサーやらEDLCやらを挿入することで燃費改善!と称した製品がネットで見かける。
はたして、その効果は?

EDLCは、蓄電池並みに電力を充電できるデバイスであるが、何が一番違うか?
化学反応での電力蓄積を行う他のデバイスと異なる。
静電にて電気を帯電させる方法で電力を保持する。

プラスチック製の下敷きを毛糸などでこすって、頭の毛が逆立つのを見たことがあるだろうか?
そう、静電気なのである。

化学反応をさせ電気化学による蓄電地系とは異なり、高速に電気エネルギーを移動させることが可能である。

では、EDLCなるものが、燃費やパワーアップに直接つながるのか?

答えはノー!NOであり、その効果がもしある車両は、発電負荷が大きい車両であり、製造メーカーの見えない欠陥?とも言える。

自動車のフリクションの中に、オルタネーターがある。オルタネーターは、発電器であり、エンジンの回転力で発電している。

電装関連の設計がいまいちな自動車メーカーならば、電池充電を効率よく行うことができず(無制御)電池が新品時は燃費が良いが、劣化し始めると充電負担で燃費が落ちる。

このEDLCを付けた燃費改善は、このような車両だけが効果を表す。

トヨタをはじめ、日本電装系電装を搭載している車両は、よほどのことでない限りその効果は薄い。
また、オーディオやエアコン(換気用モーター)を相当に回した場合は、その電力消費が負担になり、オルタネーターの効率悪い車両であれば、効果はあろう。

そして、鉛蓄電池の充電制御をまともに行っていない車両の場合も損失した効果が期待できる。
しかし、本来持っている能力を超えることは無く、失われた能力を回復させてように見せかけるだけであり、
近年の省エネ化が進んだ車両では、その効果はほぼ無いに等しい。

それでも、自己放電が激しいEDLCを鉛蓄電池の代わりに搭載した場合、当然、充電量がせいぜい2Ah相当のEDLCで、直ぐに満充電されオルタネーターは、現状消費している電力のみの発電となる。
当然、オルタネーター負担していた鉛蓄電池の容量が大きく、しかも化学変化時間が必要な分の失われ分は有利に働く。

結論:EDLCの16V2Ah相当である500Fクラスは16万円前後、その金額回収を行えるほどの走行は何10万キロメートルも走行しなければならず、費用対効果は薄い。
さらに、EDLCは自己放電が大きいので、毎日乗るか、オルタネーターが高効率で故障していない車両で無ければ、災難に合う。