スピンドルグリルでレクサス共通デザイン化を果たしたIS。
新型ISはさらなる新たなレクサスらしさのデザイン共通イメージを確立しようとしている。
CT200などから現在のレクサスヘッドライトに組み込み型のLED補助灯を付けてきているが、ISからはその内臓からバンパーへ移された。
このデザインは、プロトタイプである期待のLF−LCでも同様なデザインを施している。
超ビックマイナーチェンジを実施したLSや新世代オールニューなGSでもこの手法を取り入れていない。
ISからの意匠デザイン採用したようだ。
LEDヘッドライト化が進む事により、異形ヘッドライトと呼ばれたポリカーボネートカバーな大きなヘッドライトからピーポイント化されたLEDヘッドライトを協調する効果がある。
HIDでもプロジェクター化した場合も同様なデザインが可能だ。
AFSと呼ばれる、進行方向へ常にヘッドライトを可動させる機構とまるで爬虫類の眼球のような形状で眼が動く。
これもレクサスらしさなのかも知れない。
しかし、少々離れてフロント部を見ると、その特徴的な形状は強調されずにバランスされている。見事なデザインである。
コストダウン優先であればこれほどまでに凝った方法は取らないだろう。さらに、2種類の方向でヘッドライトが異なる。スポーツとラグジュアリーで分離、バンパー形状までも異なる。
1車種でわざわざ金型を2種類以上用意するなど、マイナーチェンジを一度に行ったような物だ。
それも極端な分離ではなく、わずかなアンジュレーションの違い。
パッと見た目ではその違いが判らない。間違い探し的な違いを見つけよと言う意識がなければ判らない。
サスペンションセッティング、ブレーキサイズ、ショックアブソーバ部品の全長違いなど随分見えない所で、グレードモデル毎に開発・調整しただけではなく、まるでグレード毎にそのデザインから仕様や調整まで別な人間がそれぞれ担当し、分業と言いながらも統一感あるコンセプトでまとめたような気がする。
それだけ、グレード、モデルによって組み合わせでは済まない仕様の違いがある。
思えば、初代アルテッサ、プログレ、ブレビスとその性格が異なる試作?的車両から初代ISが誕生した。
改造車フェスティバル(オートサロン)では、そのISにV8エンジンまで搭載し、IS−Fの試作まで行った。
アルテッサとISは同じようで異なる。一番の違いは、ISでは多気筒エンジンが搭載され、アルテッサでは4気筒エンジン。内装なども随分違う。トヨタとしてはミドルクラスまでFF化が進んだ中、プレミアムサルーンを構築する為に、FR車を真面目に研究・開発した。
2代目ISでは、変形型であるオープンモデルや大排気量V8エンジン搭載と言う試みを実施。
では3代目である本モデルでは?、Fスポーツとラグジュアリーだけはなさそうだ。
噂では、レクサス初となるステーションワゴンの追加が噂される。BMWやベンツなどでは、結構な人気グレードだ。もちろん2ドアクーペもプロトタイプが海外で発表されている。
その2ドアクーペモデルは、ISと決別、RSと言うモデルに派生するようだ。基本シャシーは共通でも完全なスポーツモデルであるIS−FをRS−Fとし、ISにはV8モデルを存在させないようだ。
ヨーロッパのこのひな形を真似るなら、CUV/SUVシリーズも同一コンポーネントを利用し出そうな気がするが、そこはトヨタ車との兼ね合いで、母体が高額過ぎるLSやGSから派生はしない。
現在のRXのように、カムリやESベース。と言う法則から仮にQ3やX3に対抗する車両があるとしたらRAV4ベースのレクサス版となる。本当はISベースでBMWーX3対抗車を期待したいところだが、、、。
ベンツもMLクラスについては、米国単独車種でGやGLとは異なるモデルだ。現在では、本国ヨーロッパでも販売している関係から随分とまともな車種に成長したが、初代ではびっくりするほどベンツらしからぬ車だった。
サイズからもEクラスベースで作られたか?と想像したが、とんでもなく、ベンツマークを付けた中国車ではないか?と思えるほど品疎な車だった。
その差とは言わないにしても、今後登場が噂されるレクサスマークを付けたトヨタ車は、実験販売しても継続はいかがなものであろう。やはりレクサスは経営会社がトヨタであっても、ヨーロッパ、ドイツメーカーに唯一挑戦する高級車開発製造メーカーであってほしい。
トヨタ車のレクサスマークを付けることで、平均的クオリティーが下がって見えてしまう恐れがある。
ならば、ベンツ方式を参考としてスマートのような、レクサス販売店が扱う、トヨタとレクサスの間を埋める別ブランドがあってもいいのでは?それほどブランド維持は重要な気がしてならない。
日本で販売していないESなども中身はカムリ。車好きなレクサスファンとしては、多分見向きもしない。
レクサスじゃなければ得る事ができない車両こそ意味がある。新型ビッツのレクサス版もプリウスのレクサス版も結局ビジネスとしては???