ご質問3
「CX-3の話しになりますが、エンジンの排気量に関係なく、小さくてもラグジュアリーな車を提供するのが売りだと思いますが。本当の意味でのプレミアムカーとして、足りない所は何処でしょうか?例えばシートやサスペンションやブレーキが高級車より安い部品を使っているとか?!その点は、マツダも分かっている所とか。」
CX−3のベースがデミオ!と言ってしまった事が仇に、、、。
コンパクトなプレミアムは、天下のレクサスも模索、一度は幹部承認を取り原型まで進んだが、このデミオの出来に脅威したのか?いきなり予定が無かったTNGAと言う開発手法で延期となったのか?不明ですが、CX−3がBMWや生まれ変わったAクラス方向のフォルムで出した点で、コンパクトベースの定石である広さが取れなかった。その割に1300ccデミオと比較しても軽く100万差はさすがに厳しい。
ヴェゼルが、出来の悪いフィット3ベースとは思えない、広さも挙動も得てる。
大きいのはディーゼルデミオエントリー価格とも差があり過ぎであり、苦しい所ですね。
スカイアクティブの特徴はトグロ巻くEXマニから、まるでFR車のようなデザイン。
その分リア・オーバーハング部分の扮ずまり感がCX−3の残念な所であり、ATのランクもマフラーも上位を使用したCX−3がどんなに良くとも、それを日本人が理解できない点がイマイチ売れない点でしょう。
さらに、その価格でアクセラ・スポーツが買えてしまう。しかもグレードもそこそこな上位で。
もっとコンパクトながら立派なSUVならば良かったのであるがX1やベンツAの方向でそれらは日本ではCセグFFサイズ。CX−3が次期モデルでBセグベースのCセグまでサイズ拡大するならば現行デザインやトーションビームリアサスであろうが評価されるんじゃないでしょうか?CX−5がアクセラベースであってもサイズも大きさもアクセラの兄貴であるアテンザに近いサイズであるので、SUV化で大きさ=価格のバランスが取れます。
CX−3がデミオ呪縛から完全に分離したサイズであれば、おそらく価格も納得、もっと売れたでしょう。
そもそも、歴代デミオは空間を売りにしていた。
しかし、旧デミオや現行デミオは空間を犠牲にしてでも燃費を優先した。
他社ライバルは形振り構わず空間を優先している。
それが次期デミオの課題であり、CX−3次期型のコンセプトではないでしょうか?
Aクラスが立派になって、Cクラスは大丈夫?と思われたメルセデスベンツは両方とも成功を収めています。
それはCクラスがもうEクラスを必要としないだけ巨大化(ワイド)されている点と最大上位がフルサイズであるSクラスがある点です。マツダも欧州プレミアムに勝負を挑むならば、レクサスで言うLS!そのクラスを必要とするでしょう。そしてCセグであるアクセラももう一回りワイド化1830m?して、底上げする。
とーぜん、アテンザがホイルベース2900mmクラスを目指すべきです。
それがあのCX−9からの派生であれば、、、現実的になりそうですね。
そうなれば、窮屈なデミオやCX−3が欧州Bセグ並みと真っ向戦えるのでは?