DSC_0351
現行プリウスには、改良型THS2が搭載されている。
一方兄弟車であったレクサスCT200はいずれ廃盤となり、引き継ぐのが絶好調なC−HRの兄弟車としてUXが登場する。
そこで、さすがにすぐにはマツダ稼ぎ柱となっているCX−5には搭載しないだろうが、アクセラスポーツにもTHS2改が存在しそうだ。あえてCT200に遠慮しプリウスも5ドアハッチバックと言う類似では出さなかったマツダ。
しかし、現行プリウスの出来は悪くない。散々言われたデザインについても他社よりも3年以上先を目指し、街に溢れても飽きないデザインとした事が功を称したから、かなり違和感が薄れた。
一方マツダのすべての基準車種となるアクセラで、モデル唯一の多彩なエンジンバリエーションを持つ上で、世界中でセダン不況な状況からSUV以外で欧州売れ筋なハッチバッククーペモデルにハイブリッド搭載は必勝である。
特にEU圏では、ディーゼルからハイブリッドへシフトしつつある現状からも次期アクセラには新型プリウスに搭載している改良型THS2は必勝だ。
メルセデスベンツAクラスも本気モードで次期型準備が進み、BMWもVWも、CセグFFベースに力が入っている。業務提携上、トヨタ様と被る車種はオーリス(欧州カローラ)とプリウス、北米カローラ位なので、CT200無き場合は、被る車種が無くなっている。
さらにトヨタ様は台辺り利益が抜群なグローバルDセグ=カムリが主役化させたいはず。
そこには、現行のアテンザが被るのであるが、あえてアテンザは現行FFのDセグはFR化アテンザ登場まで延命ビッグマイナーとし、よりプレミアムなDセグ・スポーツセダンとして生まれ変わる。
マツダの中心的モデルであるアクセラは、日の丸日本勢としてSPCCI搭載車を筆頭に、あえてハイブリッドTHS2搭載車、2500cc可変シリンダーや解禁となる?2500ccターボエンジン、1500cc〜2500ccと1500cc・2200ccディーゼルなど、現行の持てるエンジンリソースすべてを搭載。それであればベンツAの1600ccターボから2000ccターボ+AWDなAMGまで完全対抗させることが可能だ。
もうひとつの協業者であるスバルが日産の飛び火で不正による低迷は免れない。
THS2搭載を期待されているレガシーもまだ煮詰まっていないのだろう。中々日産グループ臭から抜け出せないのかも知れない。
共有化=モジュール化をいち早く進めたマツダ開発方式が、やっとここに来てその強みを出せるタイミングでもある。アクセラが充実するなら、同一プラットフォームであるCX−5にもいつでもアクセラユニットからの移植は容易である。
THS2を唯一他社へ供給した先であるマツダ。マイルドハイブリッドも多数モデルで搭載するようだが、1世代でフルハイブリッドの搭載実績や開発費用を捨てるのはもったいない。
CX−5の延長版に見えるCX−8はCX−9ベースであり、CX−5とは内容が別物だ。
CX−5にもフルハイブリッドが搭載可能。そこはC−HRや北米RAV4やレクサスNXに遠慮?なのかもしれないが、CX−5の車重から2500ccが必要。
基本3車種から見事にこれだけの派生車をリソース共有で出せるようになったマツダ。
時間は掛るであろうが、レクサス、アキュラに次ぐ、プレミアムブランド化がモジュール化と共に欧州並みのクオリティーとバリエーションを実現しそうだ。